MENU

重要なお知らせ

【令和3年5月14日から適用開始】新型コロナウイルスワクチンを接種された方の献血受入れについて

平素より献血にご理解とご協力を賜り厚く御礼申し上げます。

新型コロナウイルスのワクチンを接種された方の献血の受入基準については、以下のとおり決定されましたので、お知らせいたします。

なお、当基準の適用開始は令和3年5月 14 日からとなります。

・mRNA ワクチンを含む RNA ワクチン接種後、48 時間は献血不可

※現在、国内で承認されている mRNA ワクチンは、ファイザー社製のものです。

1回目、2回目の接種ともに、上記期間を経過すれば献血にご協力いただけます。

ただし、ワクチン接種後に、37.5℃以上の発熱、全身倦怠感、全身の筋肉痛等の症状がある場合は、その症状が消失するまで、献血はご遠慮いただくこととしております。
アナフィラキシー反応については、完全に治癒して1年間経過するまで、献血はご遠慮いただくこととしております。

また、新型コロナウイルスの RNA ワクチン以外のワクチンの受入基準については、国において継続して検討されていることから、基準が示されるまでの間、献血はご遠慮い ただくこととしております。

基準が決定しましたら、あらためてホームページ等でお知らせいたしますので、ご理解を賜りますようお願いいたします。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧