MENU

新着ニュース・プレスリリース・イベント

緊急事態宣言下でも献血は必要です

20210511緊急事態宣言.png


令和3年5月12日(水)に、福岡県に緊急事態宣言が発令され献血バスの中止や延期が相次ぎ、必要とする血液の量を確保できない状況となりました。
しかし、ホームページやSNS等で協力を呼びかけたところ、多くの方に献血会場に足を運んでいただきました。
皆様のご協力に心から感謝いたします。ありがとうございました。


20210602献血バス募集のお願い3.png


緊急事態宣言が6月20日(日)までに延長されたことにより、6月においても献血バスの中止や延期が相次いでおります。
そのため、福岡県赤十字血液センターでは、献血バスで献血にご協力いただける企業・団体を随時募集しています。
詳しくはこちらをご覧ください。

★献血協力企業・団体募集ページ

このような状況においても、全国では毎日約3,000人の患者さんが輸血用血液を必要としております。
そして、輸血用血液製剤は献血でしかまかなえません。
引き続きご協力をお願いいたします。



①献血バスについて.png
■ ショッピングモールやスーパーでの献血実施回数を増やしております。 
  献血バスのスケジュールはこちらをご覧ください。


  ★献血バススケジュール

②献血ルーム.png


■ 福岡県内に常設の献血ルームが5か所あります。
  詳しくはこちらをご覧ください。
  

  ★献血ルーム一覧

■ 密を避けるため、事前予約にご協力をお願いいたします。

■ ご予約は、ウェブ会員予約サイト「ラブラッド」の他、電話でも受け付けております。

■ 現在、平日の献血者数が特に減少しています。可能な方は平日のご予約をお願いします。



③感染対策.png

献血バスや献血ルームは、感染症対策を十分に実施しています。
20201223_kenketsukaijyo-1.jpg



過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧