MENU

新着ニュース・プレスリリース・イベント

新型コロナ感染症の安全対策を実施しています!

いつも献血にご協力いただき、誠にありがとうございます。
新型コロナ感染症の流行により、政府から「緊急事態宣言」が発令され、外出の自粛が求められているところです。しかし、そんな状況でも、輸血を必要とする患者さんへ毎日血液を届けなければなりません。輸血医療という唯一無二の治療方法を支える献血を維持するとともに、献血者が安心してご協力いただけるよう様々な安全対策に取り組んでいます。
通常時に比べてご不便やご面倒をおかけすることが多いと思いますが、何卒ご理解のほどよろしくお願いします。

献血は不要不急の外出には当てはまりません。
※輸血用血液製剤は有効期間があり、長期保存できません。一時的なご協力だけでなく、継続的なご協力をお願いします。

♪当センターの安全対策
①職員の健康チェックを徹底しています!
◆出勤前・出勤時に体温測定を実施しています。
◆味覚・嗅覚の異常も確認しています。

②職員の手指消毒を徹底しています!
◆職員の出勤時、献血会場入退室時。
◆献血受付時、問診時、献血カード更新時。
◆看護師は献血者ごとに手袋を交換しています。

③献血会場の良好な衛生環境を保持しています!
◆献血会場にて使用する機材は日々、消毒液を用いて清掃しています。
◆献血会場の入口での体温測定など、良好な衛生環境に配慮した会場設営をしています。

④濃厚接触を避けるため、仕切りを導入しました!
◆移動献血バスの採血室看護師と献血ベッドの間に、写真のように透明ビニールで仕切り、少しでも安心いただけるよう自作で工夫を施しました。
001.jpg

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧