MENU

トップニュース

【速報】台風第10号による献血および供給状況のご報告とお礼

このたび、九州・沖縄を襲った台風10号により、被災された方々には、心からお見舞い申し上げます。

特別警報級の勢力が警戒されたことから、2020年9月5日(土)から7日(月)にかけて、献血ルームや献血バスにおける受付時間の短縮や休止措置に対して、献血予約をされていた方々や集団献血を予定されていた企業・団体の皆さまをはじめ、多くの献血者の皆さまに、献血日時の変更や延期にご協力いただきまして、深くお礼申し上げます。

【献血と供給状況について】

献血の受入れが通常どおりできなくなったこの3日間で、約2,700人分の献血が減少してしまいましたが、有効期間4日間と最も短い成分献血からつくられる「血小板製剤」は、九州・沖縄以外からも受入れて、輸血を必要とする患者さんのもとへ支障なく供給できております。

また、最も輸血使用数が多い、採血後21日間の400mL献血からつくられる「赤血球製剤」は、あらかじめこうした事態に備え、計画的に在庫量を調整しておりましたので、医療機関からの要請にすべてお応えできております。

なお、一部地域において通行障害などで配送に時間を要した医療機関様には、ご心配をおかけしお詫び申し上げます。

【お願い】

今後、次なる台風やコロナ禍の拡大に備えるためにも、今回の台風による影響で減少した約2,700人分の血液をできる限り早期に回復させる必要があります。
つきましては、近日中に一人でも多くの方々に「成分献血」と「400mL献血」へのご協力をお願い申し上げます。

グラフ_ホームページ用

 

★献血バス及び献血ルームのご案内はこちら

★ご予約方法についてはこちら

※献血バス会場でも一部、ご予約を承っております。

★献血会場の安全対策についてはこちら

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧