MENU

広報

献血推進団体ライオンズクラブとの意見交換を開催しました

 平成29年8月2日(水)~3日(木)に、日ごろから血液事業にご協力いただいているライオンズクラブ国際協会336複合地区の方々と、中四国ブロック内各血液センター職員との意見交換会を開催しました。中国・四国地方から26名のライオンズクラブの方にご参加いただきました。
 

<1日目>

中四国ブロック血液センター椿所長挨拶
中四国ブロック血液センター椿所長挨拶

336複合地区ガバナー協議会大谷議長挨拶
336複合地区ガバナー協議会大谷議長挨拶

 1日目は、献血・輸血について必要な知識、血液製剤の検査及び製造について当ブロックセンター職員から説明が行われ、その後、ガイダンスホールでの映像視聴、製剤、検査工程の見学をしていただきました。
 見学後には、ライオンズクラブ336-A地区の手塚様に事例発表をしていただき、その後、愛媛県赤十字血液センター職員が事例発表を行いました。実績や取り組み等について情報交換が行われました。

会議の様子
会議の様子

施設見学の様子
施設見学の様子

手塚様 事例発表
手塚様 事例発表

愛媛センター職員 事例発表
愛媛センター職員 事例発表

<2日目>

 2日目は、初めに当ブロックセンター職員から、ライオンズクラブの献血協力実績及び若年層献血の推移についての講演を行いました。その後グループに分かれ、ライオンズクラブの方々と血液センター職員とでグループディスカッションを行いました。これからの献血推進活動について活発に意見が出され、各グループ代表者による発表もしていただきました。

グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子

グループディスカッションの様子

 
2日間に渡り、今後の献血推進における貴重な意見交換が行われ、有意義な会議となりました。

ご参加いただいたライオンズクラブの皆様ありがとうございました。
今後とも引き続き献血へのご理解・ご協力の程よろしくお願いいたします。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧