MENU

お知らせ

5月8日(日)「母の日」献血を行いました。

001.png

 この日、献血ルームで献血にご協力された方には、広島県花卉(かき)園芸農業協同組合カーネーション部会から提供いただいたカーネーションの花束をプレゼントしました。

 このイベントは広島県花卉園芸農業協同組合カーネーション部会のご協力により平成6年から続けられており、今回で22回目の開催です。


 広島市内の献血ルーム「ピース」と「もみじ」では 修道高校インターアクトクラブや山陽女子短期大学のボランティアにプレゼンターを務めていただきました。
002.png  「もみじ」にお越しになった廿日市のS・Yさんは、いつも献血ルームで血小板成分献血のご協力をいただいている方で、本日で193回目の献血でした。
 「出産時に未熟児で誕生し病院で治療を受け、命を助けてもらいました。自分も誰かを助けることができたら。」との思いで献血を続けられているそうです。
003.png  また、広島市内からお越しの浅田さんは、神奈川の大学で野球部全員での献血を経験され、以後定期的に献血バス等で400mL献血にご協力くださっており、今回は記念すべき10回目でした。
 お二人ともカーネーションはご家族にプレゼントされるそうです。

 「ピース」には、朝から報道機関の取材があり、献血中の献血者と看護師がテレビカメラに囲まれて、ちょっと緊張する一幕も・・・この映像はカーネーションをお渡しする際のインタビューと共に、早速当日お昼のニュースで放映されました。
 「献血に来て、まさかテレビに映るとは・・・(笑)いただいたカーネーションは、妻にプレゼントしようと思います。」と話されたのは髙市様。「母の日献血」カーネーションプレゼントについてはご存じなかったとの事で、思わぬプレゼントにとてもお喜びで帰られました。
004.png さらに「ピース」では、お昼から急遽「似顔絵師あさみ」さんにボランティアとして活動していただき、献血者の方に似顔絵のサービスを行いました。
 「母の日、誰かのためになれば」と思い献血に来られた松田さんは、お二人の娘さんそしてお孫さんの3世代でご来所。母の日ということで、あさみさんに松田さんとお孫さんの奏太君お二人の似顔絵を描いてもらい「素敵な母の日になりました!」と笑顔で帰られました。

005.png  この日は「ピース」で154名、「もみじ」で138名、「ばら」で54名と、多くのご協力をいただくことができました。ありがとうございました。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧