MENU

センター便り

採血針が新しくなりました

 現在、広島センターで使用する400・200mL採血用の血液バッグについて、従来の外径1.4mm(17ゲージ)からより細い1.2mm(18ゲージ)への切り替えを進めております。昨年9月より切り替えが始まり、今年前半には完了の予定です。

採血針1.PNG


《変更の目的》

  1. 献血者の採血に係る恐怖心等、精神的負担の軽減
  2. 採血に伴う採血副作用(皮下出血、神経損傷等)発生リスクの軽減
  3. 採血担当者の穿刺作業に係る精神的負担の軽減

《検証結果》

  1. 献血者の方からは、「痛みが少ない」「抜針後の針跡が小さく止血が早い」等のご意見をいただきました。
  2. 針が細くなったことにより採血時間が長くなることが懸念されましたが、針長を短くしたこと、針先の形状を工夫したことにより、採血時間はほとんど延長しておりません。
    また、血管の細い献血者の採血がしやすくなりました。


これを機会に献血をされたことのない方も、是非献血にチャレンジ

してみて下さい。
採血針2.PNG

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧