MENU

広報

"Be Nice to Me,I gave blood today"をはじめます

20170502_benicetome_gazo1.jpg

 

Be nice to me,I gave blood today!とは?

"Be nice to me"?
いったいどういう意味かご存知ですか?
直訳すると、「私にやさしくしてね」です。

"I gave blood today!"
こちらは、どういう意味でしょうか?
直訳すると、「今日献血しました」となります。

すなわち、ステッカーに書かれたメッセージは、
「今日献血したから、やさしくしてね!」という意味になります。

献血したら、友達に自慢できる?

献血したあなたの血液は、患者さんのもとへ届きます。
すなわち、あなたが患者さんを、人の命を救ったということ。

人の命を救うことは、日常生活でなかなかできることではありません。
あなたはヒーローです。

患者さんの姿は見えないので、なかなか実感がないかもしれません。
でも、あなたはヒーローなんです。

そんな「だれかの命を救った日」を、友達に、家族に、自慢してみませんか?

SNSで、自慢してみよう!

ハッシュタグ「#献血したからやさしくしてね」をつけて、さあ投稿!
Instagram、Twitterなどで、フォロワーにアピール!

「Be nice to me,I gave blood today!」ICカードステッカーを、献血にお越しいただいた方にお渡しします!
献血に来て、ステッカーをもらってSNSに投稿してくださいね。

20170502_benicetome_gazo3.png

対象者

16歳から39歳までの献血受付をされた方

配布期間

平成29年5月15日(月)から(なくなり次第終了)

配布場所

近畿2府4県の献血会場
 ※献血会場は、各血液センターWEBページからご覧ください。

 

このプロジェクトって?

近年、若い世代(10~30代)の献血者数が減少傾向にあり、この状態が続けば、今後血液を必要としている患者さんに安定的に血液をお届けすることが困難になることが予想されます。
そこで立ち上がったのがこのプロジェクトです。
"Be nice to me,I gave blood today!(献血したからやさしくしてね)"というフレーズを用いて、ユーモアを持って献血したことをSNSに投稿して、友人にPRしていただくことで、投稿を見られた方への献血に興味を持っていただくきっかけを作り出します。
日本赤十字社からではなく、献血していただいた方から周りの方に献血の輪を広めていただくという参加型の献血推進プロジェクトです。

icon

過去のお知らせ

icon

最新のお知らせ

icon

カテゴリ一覧