MENU

用語集

ALT(alanine aminotransferase)

肝臓に最も多く含まれる酵素です。肝細胞が破壊されると血液中に流れ出すので、急性肝炎で最も高く上昇し、 慢性肝炎や脂肪肝(肥満)、薬剤による肝障害などでも上昇します。激しい運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。 =GPT