MENU

用語集

AST(aspartate aminotransferase)

心臓や肝臓に多く含まれ、骨格筋、腎臓、血液にも認められる酵素です。心筋梗塞や急性肝炎、アルコール性肝障害などで上昇します。その他運動の後に一過性の上昇がみられることがあります。 =GOT