MENU

用語集

ATL(adult T-cell leukemia :成人T細胞白血病)

HTLV-Ⅰ(human T-lymphotropic virus typeⅠ)というレトロウイルスが原因となり、リンパ球の一種であるT細胞が癌化する病気です。非常に潜伏期間が長いことでも知られており、発症時期の多くは中年以降となります。感染者からの年間発症率はおよそ2000人に1人と言われていて、日本では九州地方などに多く見られるなど地域差があります。輸血で感染することが知られているため、血液センターではこのウイルスをスクリーニングしています。