MENU

用語集

CJD(Creutzfeldt-Jakob disease:クロイツフェルト・ヤコブ病)

異常プリオンが原因とされるまれな中枢神経系疾患で、多彩な精神神経症状と運動機能障害を表して死に至る疾患です。大多数が孤発性ですが、硬膜移植やヒト由来成長ホルモンの投与を受けた人に発症することもあります。地理的に差がない点でもまれな疾患だと言われています。残念なことに現段階では詳しい感染経路や治療法は見つかっていません。その類縁疾患として、家族性のものや、BSE牛から感染したと考えられているvCJD(変異型クロイツフェルト・ヤコブ病)が知られています。 =クロイツフェルト・ヤコブ病