MENU

用語集

C型肝炎(hepatitis C)

従来、非A非B型肝炎といわれたものの多くを占める肝炎です。C型肝炎ウイルスによって起こるものです。感染すると慢性化しやすく、多くの場合、慢性肝炎から肝硬変を経て、肝臓がんに至ります。最近積極的なインターフェロン治療によりウイルスを駆逐することができるようになりました。