MENU

用語集

S/D処理法(Solvent-Detergent Processing method)

S/D処理法は、有機溶媒と界面活性剤の両薬剤の特質を利用して、ウイルスの外側にある脂質膜(エンベロープ)を溶かしてウイルスの感染力を失わせます。この処理によって、脂質膜を持つウイルス(HIV、HBV、HCV等)を完全に不活化します。ヒト血漿由来の凝固第8因子製剤などの製造の際にこの処理が行われます。