MENU

用語集

遡及調査(look back investigation)

血液センターでのスクリーニング諸検査や基準に合格した血液だけが医療機関で使用され、同じ献血者がその後何らかの疾患にかかったり、その後の献血血液が患者に感染を引き起こしたりする場合があります。またその献血者に関するリスク情報が新たに入る場合もあります。このような場合には、前回合格であった血液にも問題が潜在していた可能性があります。これを調査するのが遡及調査です。その結果、前回の血液に問題ありとされ、その血液の一部がまだ残っていた場合にはそれを回収して被害の拡大を防ぐことが可能となります。