MENU

用語集

黄色い血(yellow blood)

過去、売血が行われていた時代に大きな社会問題となったもので、売血を頻繁に繰り返した血液は赤血球回復が追いつかず、赤血球数が減少して血液は血漿が大部分となり、血液が黄色っぽくなることから名づけられました。輸血の効果も薄く、また輸血後肝炎などの副作用も起こしがちで、追放キャンペーンも展開され、売血から献血へ転換する契機の1つとなりました。