MENU

用語集

血小板(platelet)

血液有形成分の一つです。不規則な形の小体で、顆粒に富み核を有しません。その大きさは約2.5μm、血液1立方ミリメートル中には20~30万個程度存在します。骨髄巨大核細胞の原形質の仮足が切断されてできるものです。血管に傷がついて血管壁のコラーゲンが露出すると、そこに血小板が粘着して血栓を作り止血がおこなわれます。