MENU

用語集

骨髄バンク(marrow donor registration)

白血病などの血液疾患の治療として造血幹細胞移植(特に「骨髄移植」)が必要な患者のために、血縁関係のない健康な人(非血縁者)から提供される「骨髄液」を患者に斡旋する仕組み及びその業務を担う公的機関のことです。日本では、骨髄移植推進財団が主体となり、日本赤十字社(骨髄データセンター)及び各都道府県等(保健所)の協力を得て1991年12月より日本骨髄バンク(JMDP : Japan Marrow Donor Program)の運営を行っています。全国で30万人以上の登録者が常時存在すれば、骨髄移植を必要とする患者さんの約90%にドナー(提供者)が見つかるとされています。