MENU

用語集

初流血除去(diversion of the initial volume of blood donation)

輸血用血液製剤の細菌汚染を低減するため、採血時に穿刺した直後の血液20~30mlを取り分け除去することです。採血針が穿刺時に皮膚を通過するとき、皮膚に付着した細菌が血液に混入する可能性の最も高い20~30mlを除去することがねらいです。この方法により血液製剤の細菌汚染の頻度が半分以下になったとの報告が欧米から出ています。