MENU

用語集

ヒトパルボウイルスB19(human parvovirus B19)

伝染性紅斑の原因ウイルスで脂質膜を持たないとても小さなウイルス(約20~26nm)です。ヒトパルボウイルスB19感染症は主に飛沫感染により伝染しますが、輸血用血液を介しても感染することがあります。5~6年周期で流行があります。日本人の成人の約半分はこのウイルスに感染した既往があります。