MENU

用語集

不規則抗体検査(irregular antibody examination)

A型のヒトの血漿はB型赤血球と反応する抗B抗体をもっています。同様にB型のヒトはA型赤血球と反応する抗A抗体、O型のヒトは抗A抗体と抗B抗体の両方をもっています。このようにABO血液型の抗体はそのヒトのABO型にしたがって規則的に抗体をもっているため規則抗体とも呼ばれています。輸血による副作用を防ぐために、ABO血液型のA型にはA型の血液を輸血するといったように、同じABO血液型どうしで輸血を行い、ABO血液型の抗体が輸血された血液と体内で反応しないように(=副作用が発生しないように)しています。一方、ABO血液型以外の血液型では、特殊な場合を除いてこうした抗体をもっていないのが普通です。しかし、輸血を受けたり、妊娠したりして免疫された場合には抗体を作ることがあります。このABO血液型以外の血液型にみられる抗体のことを不規則抗体と呼んでいます。不規則抗体の中には輸血副作用を起こすものもあることが知られているため、不規則抗体検査が行われます。重要な不規則抗体をもっている場合、その抗体の反応する抗原を持たない血液を輸血しなければなりません。