MENU

用語集

マラリア(malaria)

ハマダラ蚊に媒介されてヒトに感染する原虫疾患です。このマラリア原虫には、三日熱マラリア、四日熱マラリア、熱帯熱マラリア、卵形マラリアの4種類があります。蚊の唾液とともに人体に注入されたマラリア原虫は数分間で肝細胞に入り、組織型原虫となって増殖をします。やがて10~14日の後、血液の中に入り、赤血球原虫に変化をし、分裂と増殖を繰り返して宿主である赤血球を破壊した後、他の赤血球に侵入します。マラリアの主要症状は発熱、貧血、脾腫で、潜伏期は熱帯熱マラリアで1~4週間、三日熱マラリアで10~14日間といわれています。また、マラリアの中でも熱帯熱マラリアの致命率が高く、脳性マラリア、急性腎不全などの合併症を引き起こしての死亡例がしばしば見られます。なお、マラリアの既往歴のある方の献血はお断りしています。