MENU

用語集

薬害エイズ事件(HIV-tainted blood scandal)

血液凝固因子製剤はウイルスの不活化が困難であったことから、不活化をせぬまま血友病患者に使用されていました。そうしているうちアメリカでHIV感染者が増え始め、その供血によってHIVに汚染された血漿が流通し、凝固因子製剤にも混入するようになりました。こうして1970年代後半から1980年代にかけて主に血友病患者に、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件です。