MENU

ありがとうの声

「世界献血者デー」を実施しました

 世界献血者デーは、ABO式血液型を発見し、ノーベル賞を受賞したカール・ラントシュタイナー博士の誕生日である6月14日を記念日とし、毎年、世界各国で工夫を凝らしたイベント等が行われています。

 この記念日の趣旨は、血液という「いのちを救う贈り物」をくださる献血者の皆様に感謝するとともに、血液製剤を必要とする患者様のために献血が欠かせないことを知っていただくもので、山形県においても、献血にご協力いただいた企業様を対象に、ミニイベントを実施しました。

 当日、献血にご協力いただいたSHプレシジョン株式会社様と株式会社山形企業様では、献血にご協力いただいた社員の皆様に、県内の患者様やそのご家族から寄せられた感謝のメッセージが添えられたパンフレットをお贈りし、献血にご協力いただくことの尊さについて、改めてご理解いただきました。

 ________.jpg

 

 

 県内の患者様やそのご家族様の声をまとめたメッセージパンフレット

 「献血をしてくださった方々には、何とお礼を言っていいのかわからないくらい感謝しています」

 等、輸血を受けていのちを救われた体験談とともに、献血者の皆様への感謝の言葉が添えられて

 います。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧