MENU

アイコン

献血ルームタワーズ20

アイコン

東海ウォーカー1月号で献血を紹介!

愛知県赤十字血液センターでは、東海ウォーカー1月号に献血の特集記事を掲載しています。
11月上旬、掲載写真の撮影が献血ルーム タワーズ20で行われました。「メーキング オブ 東海ウォーカー」を公開します。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
KADOKAWAのスタッフ3名、カメラマンの小塚さん、そしてモデルの祐介さんと真帆さん、合計6名で撮影スタート。

今回出演していただいたモデルの祐介さん(右)と真帆さん(左)です。
さわやかな雰囲気のお二人、笑顔もすてきでした。
お二人とも献血ルームに入るのは初めてとのことでした。
祐介さん「献血ルームがとてもきれいで驚きました。皆さん、献血にきてくれるといいなと思います。」
真帆さん「街頭で献血の呼びかけをしている姿を目にしますが、呼びかけの必要がないくらいに、たくさんのご協力をいただけたらいいなと思います。」


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
受付のシーンです。案内役をつとめる献血ルームスタッフ草野さん、はじめはちょっと緊張気味。「じゃあ、目を合わせましょう」のカメラマン小塚さんのひと声でモデルのお二人とお互いにニコリ。緊張がほぐれ自然な笑顔になりました。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
採血ベッドでの撮影。立ち位置を確認して、「では、撮りまーす!」


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
撮影が終わり、ほっとする献血ルーム採血課看護師の皆さん。
東條さん(左)「撮影協力は2回目ですが、慣れないもので、緊張して手に汗をかいてしまいました。」
西澤さん(中)「こういった撮影は初めてで、みんなでシーンを作っていく作業は、楽しかったです。」
森田さん(右)「微妙な立ち位置や表情など、撮影って大変ですね。緊張しました~。」


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
最後の撮影シーン。献血が終わって献血カードをゲット。「オッケーです!」
撮影スタッフの皆様、お疲れさまでした。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
撮影終了は20:00。
写真は献血ルーム タワーズ20からの自慢の夜景です。この時期は日が暮れるのが早いので、献血受付時間中でも夜景を楽しむことができます。昼間は鈴鹿の山々や眼下の鉄道を楽しむことができます。
地上100m、"天空の献血ルーム"ならではの楽しみです。


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
献血ルーム タワーズ20の魅力とあわせて、献血の手順やいただいた血液がどのようにして患者さんのもとに届けられるかについて、知っていただける内容となっています。是非お読みください!


アイコン

過去のお知らせ

アイコン

最新のお知らせ

アイコン

カテゴリ一覧