MENU

新着ニュース・プレスリリース・イベント

緊急事態宣言下でも献血のご協力が継続的に必要です!!

 日頃より献血にご理解とご協力を賜り、厚くお礼申し上げます。

 

 皆様のご協力により、3月の輸血用血液の在庫量につきましては、一旦、医療機関へ安定的に供給できる在庫量まで回復いたしました。

 

 新型コロナウイルスの感染拡大が懸念されているにもかかわらず、献血会場に足を運んでくださったことに心より感謝申し上げます。

 

 しかしながら、現在、愛知県内では新型コロナウイルス感染拡大により、献血バスの配車予定であった多くの献血会場が中止となっており、献血会場の確保が非常に困難な状況が続いております。(4月9日時点 中止会場:155会場

 

 その影響もあり、愛知県の全血献血の協力者数は、以下のとおり減少傾向で4月1日から9日までの必要数(計画数)に対して、約800人分が不足している状況にあります。この状況が続くと、医療機関への輸血用血液の安定的な供給に支障を来す恐れがあります。

 

 

 _______20200401-09.png

 

 

 「緊急事態宣言」の発令下においても、他に代わるもののない輸血医療に使用される輸血用血液を日々安定的に患者さんへお届けする必要があることから、献血のご協力は、不要不急の外出にはあたりません。

 現況をご理解いただき、皆様の温かいご協力を心よりお願い申し上げます。

 

 愛知県赤十字血液センターでは献血にご協力いただく方が一時期に集中することによる密集や密接を避けるため、有効期間のある輸血用血液を必要量に応じて確保するためにも、献血のご予約をお願いしております。

 

【WEBサイトからのご予約】※会員登録が必要です(前日の17時までにお願いします。)

献血Web会員サービス ラブラッド

お電話でご予約を承れますので、最寄りの献血ルームまでお問い合わせください。

 

献血協力団体の募集については、こちらからご覧ください。

 

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧