MENU

見学者の紹介

江南市地区献血グループの皆さま

平成28年4月28日(木)

本日は、普段から地区の献血推進活動や社資募集活動などの赤十字ボランティア活動にご尽力いただいている江南市地区献血グループの皆さまが施設見学にいらっしゃいました。

 

aisatu

semina

 

はじめに、愛知県赤十字血液センター献血推進一副部長から、輸血を必要とする患者さんに安定して血液をお届けするため、継続して献血することや家族・周囲の方へ献血を呼びかけることの重要性をお話させていただきました。さらに、献血セミナーで血液製剤の種類や有効期限について紹介し、その後、実際に施設を見学していただきました。

 

検査部門

kensa1

kensa2

 

製剤部門

seizai1

seizai2

 

供給部門

供給部門では、実際に輸血用血液製剤が保管されている冷蔵庫や冷凍庫をご覧いただき、それぞれの血液製剤に適した方法や温度で保管していることを説明させていただきました。特に血小板製剤は、その機能が失われないように振とう保存しています。

 

kyokyu1

kyokyu2

 

見学後のアンケートでは、「輸血が必要な患者さんが1日に3000人もいることに驚いたと同時に、そのために多くの献血が必要だとわかった」「特に若い方への献血推進が重要だとわかった」などのご感想をいただきました。

 

本日ご覧いただいたことやお聞きいただいたことを、ぜひご家族や地域の皆さまにもお伝えいただき、今後とも献血推進活動にご協力いただけますと大変幸いです。

 

本日はお越しいただきありがとうございました。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧