MENU

見学者の紹介

扶桑町立扶桑中学校、扶桑北中学校の皆さま

平成28年7月27日(水)

本日は、扶桑町献血推進協議会様の主催により毎年、献血呼びかけボランティアに参加していただいている、扶桑町立扶桑中学校、扶桑北中学校の皆さまが施設見学にいらっしゃいました。

皆さまにはまず献血セミナーを受講していただき、体の中を流れる血液の量や血管の長さなどについてクイズを交えて学んでいただきました。

 

semina1

semina2

 

製剤部門

現在の輸血医療では、患者さんの必要とする血液の成分のみを輸血する方法が主流であるため、製剤部門では献血していただいた血液を機械を用いて分離していることを説明させていただきました。

 

seizai1

seizai2

 

供給部門

kyoukyuu1

kyoukyuu2

 

輸血用血液製剤は、それぞれの血液製剤に適した温度で保管されています。皆さまには、血液製剤の保管庫をご覧いただいたほか、冷凍保管されている血しょう製剤を梱包する際に使用する作業台にも実際に触れていただきました。

 

献血バス

basu

生徒の皆さまには7月23日(土)にイオンモール扶桑店にて献血呼びかけボランティアにご参加いただき、当日は51名の方に献血にご協力いただくことができました。暑い中、多くの生徒様にボランティアをしていただき本当にありがとうございました。

 

見学後のアンケートでは、「お父さんがよく献血に行っているが、血液がその後どうなっているか知らなかった。今日の見学で勉強できたので、それを家族に伝えたい」「18歳になった時に400mL献血ができるように、健康な身体づくりを心掛けたい」などのご感想をいただきました。

 

本日学んだことをご家族や友達にもお伝えいただき、献血ができる年齢になったらぜひご協力をお願いします。

本日はお越しいただきありがとうございました。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧