MENU

見学者の紹介

刈谷市社会教育センターの皆さま

平成28年11月11日(金)

本日は、刈谷市社会教育センターの皆さまが、市民講座「暮らしのセミナー」の社会見学として施設見学にいらっしゃいました。

まず、当ブロック血液センター企画課長から血液センターの役割や若年層献血者が減少していることなどを説明し、若年層献血推進のために「献血ポスターコンペティション」などのイベントを実施していることを紹介させていただきました。

 

献血ポスターコンペティションについてはこちらをご覧ください!

 

製剤部門

seizai1

seizai2

 

製剤部門では献血していただいた血液を成分ごとに分けて、輸血用血液製剤を製造しています。遠心分離機により赤血球と血しょうに分離された血液成分は自動分離装置を用いてそれぞれの血液バッグに分けられます。

 

供給部門

kyokyu1

kyokyu2

 

また、それぞれの輸血用血液製剤には有効期限や保管に適した温度があり、医療機関に届けられるまでの間、供給部門で適切な管理のもと保管されています。

 

検査部門

kensa1

kensa2

 

見学後のアンケートでは、「献血された血液がその後どうなっているかがわかり、献血の必要性をさらに実感できた」「血液成分によっては保管期間が短いものもあると知り、継続的な献血が必要だとわかった」などのご感想をいただきました。

 

本日聞いたこと・見たことをぜひ地域の方やご家族にお伝えいただければ幸いです。

 

本日はお越しいただきありがとうございました。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧