MENU

見学者の紹介

愛知県立大学看護学部の皆さま

平成28年12月22日(木)

本日は、血液センターの施設見学を通じて、献血や血液製剤についての理解を深めることを目的として、愛知県立大学看護学部の皆さまが施設見学にいらっしゃいました。

はじめに、当ブロック血液センター事業部長から、東海北陸7県を一つのブロックとした運営体制を平成24年度から開始し、輸血用血液製剤をより安定的に供給できるようになったことや、若年層献血者が減少していることなどを説明させていただきました。

 

DSC0220.jpg

DSC0223.jpg

 

その後、実際に輸血を受けた男の子とその家族のドキュメンタリー映像「アンパンマンのエキス」をご覧いただきました。

 

DSC0226.jpg

DSC0225.jpg

 

検査部門

DSC0232.jpg

DSC0239.jpg

 

検査部門では、「血液型検査」「感染症検査」のほか、血液中のウイルスの一部を約1億倍に増幅し、ウイルスの有無を検出する「核酸増幅検査(NAT)」などを行っており、安全と認められた血液のみが輸血用血液製剤となって患者さんに届けられていることを説明させていただきました。

 

製剤部門

DSC0244.jpg

DSC0250.jpg

 

供給部門

DSC0253.jpg

DSC0255.jpg

 

見学後のアンケートでは、「安全な輸血用血液製剤を患者さんの元へお届けしていることを感じることができた」「献血を積極的に行い、一人でも多くの命を救うために貢献したい」などのご感想をいただきました。

 

本日の施設見学で見たことや感じたことを、ぜひご友人やご家族にもお伝えいただけますと幸いです。

 

本日はお越しいただき、ありがとうございました。

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧