MENU

見学者の紹介

岐阜県可児市赤十字奉仕団の皆さま

平成29年1月19日(木)

本日は、日頃から献血推進活動など赤十字の活動にご尽力いただいている、岐阜県可児市赤十字奉仕団の皆さまが施設見学にいらっしゃいました。

はじめに、東海北陸7県を一つのブロックとした運営体制を平成24年度から開始し、輸血用血液製剤をより安定的に供給できるようになったことや、1日平均で約3,000人の方が輸血を必要としていることなどをお話しさせていただきました。

 

DSC_0460.jpg

DSC_0461.jpg

 

その後、実際に輸血を受けた男の子とその家族のドキュメンタリー映像「アンパンマンのエキス」をご覧いただきました。

 

検査部門

DSC_0475.jpg

P1180954.jpg

 

製剤部門

P1180961.jpg

P1180967.jpg

 

供給部門

供給部門では、実際に輸血用血液製剤を保管している保管庫をご覧いただきました。特に血小板製剤の有効期限が4日間と非常に短く、継続的な献血へのご協力が必要であることや、その機能が失われないよう振とう保存していることなどをお話しさせていただきました。

 

DSC_0468.jpg

DSC_0473.jpg

 

見学後のアンケートでは、「本日の施設見学で、献血していただいた血液が輸血用血液製剤になるまでの工程がよくわかった。」「献血の必要性を再認識した。これからも献血啓発活動に力を入れたい。」「家族に献血の大切さを伝えたいと思う。」などのご感想をいただきました。

 

普段から赤十字の活動に参加されている皆さまには、本日見たことや感じたことを、今後の献血推進活動に役立てていただければ幸いです。

 

0479.jpg

本日はお越しいただきありがとうございました!

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧