MENU

アイコン

Q4. 献血の現状は?

  • A.

    1日約3,000人、1年間で約120万人の方が輸血を受けています。それを支えているのが、1日約14,000人、1年間で約500万人の方の献血です。しかし、献血にご協力くださる方は年々減少しています。特に10代・20代で減少しており10年前と比べ約38%減少しています。


    血液センターでは、将来の輸血医療を支えていただく若い方、特に中学生・高校生を対象に輸血や献血の必要性・重要性や「生命の大切さ」「助け合い」について学んでいただける献血セミナーを行っています。献血セミナーは直接学校へ出向き、献血に関するDVDの鑑賞・スライドを用いた説明、質疑応答などを行います。


    また、東海北陸ブロック血液センターでは施設見学も行っています。実際に検査や製剤・調製の様子をご覧いただき、献血された血液が輸血用血液製剤となるまでの工程を、職員が説明しながらご案内いたします。


    献血セミナー・施設見学の詳細については、東海北陸ブロック血液センター及び各県赤十字血液センターまでお問い合わせください。

アイコン

「けんけつ」に関する10のギモン

アイコン

スペシャル