MENU

新着ニュース・プレスリリース・イベント

県立伊賀白鳳高校に感謝状を授与!

現在、三重県では若年層の献血が少なく、将来における血液の安定確保が危惧されることから、献血に触れ合いつつご理解を深めていただくことを目的として高等学校における献血セミナーを実施し、献血処遇品の製作や広報パネルの制作等をお願いしています。

この度、伊賀市にあります三重県立伊賀白鳳高等学校(村田武俊校長)工芸デザイン科デザインコースの生徒さん達が、献血推進のにお役に立つならばと献血バス広報パネルを制作していただきました。担当教諭の平野太一先生の指導のもと、色合いやデザインを同コースで時間をかけて検討し、多忙な授業の間を縫って、コース生14名全員の手描きによる力作であります。そして、そのご協力に感謝し3月26日(月)、同校にて三重県赤十字血液センター所長感謝賞を贈呈いたしました。

パネルのお披露目では、同デザインコース2年の枩森愛奈さん、宮本ひまりさん、西田芹那さんは「ジグソーパズルをモチーフにして、ピースをひとつひとつ組み合わせるように、献血も一人一人が協力しあって大切な命を守っていきましょうとの気持ちを込めました」と制作への思いを語ってくれました。伊賀白鳳高校の皆様、本当にありがとうございました。この春から、皆さんの心のこもったパネルを装着した献血バスで県内各所を訪問します。

代表して感謝状を受け取る 枩森さん

P1011033.JPG

            笑顔でインタビューに応える、左から枩森さん、宮本さん、西田さん

                         P1011063.JPG 

icon

過去のお知らせ

icon

最新のお知らせ

icon

カテゴリ一覧