MENU

東海北陸ブロック学生献血連盟

東海北陸ブロック学生献血連盟とは

現在、日本では10代、20代の若者の献血離れが深刻化しており、若年層献血者を増加させることが大きな課題となっています。学生ボランティアは、若年層から同世代に積極的に献血を呼びかけ、献血協力者を増やすことを目的として活動しています。また、活動を通して、主体的に行動することや自分の意見を積極的に述べることができるようになるほか、所属県を越えた仲間を増やすこともできます。

東海北陸ブロック学生献血連盟は、東海北陸エリア(富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県)の学生ボランティアが所属し、学生が主体となって献血の呼びかけやキャンペーンなどの企画、立案といった献血の推進を行っている団体です。

東海北陸ブロック学生献血連盟 活動団体

主な活動内容

東海北陸ブロック統一 学生サマー献血キャンペーン(7月・8月)

特に若い方を中心とした多くの方に献血に関心を持ってもらえるよう、ショッピングモールや公共施設などで、東海北陸各県で工夫をこらした献血イベントを行い、若い力で献血を盛り上げています。


学生サマー献血キャンペーン
学生サマー献血キャンペーン2

第1回東海北陸ブロック学生献血推進リーダー研修会(8月下旬)

普段、主に東海北陸各県で活動している学生ボランティアの代表が集合し、年2回(8月・2月)、1泊2日で研修会を実施しています。意見交換や討論を通して県を越えた学生間の連携体制を強化し、研修会での経験を今後の献血推進活動につなげることを目的としています。

各県で開催されたサマー献血キャンペーンの活動報告、12月に開催されるクリスマス献血キャンペーンについての話し合い、グループワークなどが行われます。


ri-ken
ri-ken2

全国統一 学生クリスマス献血キャンペーン(12月)

サマー献血キャンペーン同様に特に若い方を中心とした多くの方に献血に関心を持ってもらえるよう献血イベントを行い、学生の若い力で献血を盛り上げています。クリスマス献血キャンペーンは、東海北陸ブロックのみでなく全国統一で記念品などの広報資材を作成し、来場者の方に、より興味・関心を持っていただけるよう工夫しています。


学生クリスマス献血キャンペーン
学生クリスマス献血キャンペーン2

第2回東海北陸ブロック学生献血推進リーダー研修会(2月下旬)

第2回目の研修会は、2月下旬に開催され、12月のクリスマス献血キャンペーンの活動報告、来年度実施のキャンペーンについての話し合い、次期代表者の選出などが行われます。


2ri-ken
2ri-ken2

お問い合わせ

東海北陸ブロック学生献血連盟に関するご質問等ございましたら下記までご連絡ください。

日本赤十字社東海北陸ブロック血液センター 事業部献血管理課

TEL:0561-89-7808

メールでのお問い合わせはこちら

※学生ボランティア活動への参加を希望される方は各県赤十字血液センター学生ボランティア担当までお問い合わせいただきますようお願いします。