MENU

icon

はじめての方へ

icon

献血の必要性

血液は科学が進歩した現在でも人工的に造ることはできません。みなさん一人ひとりの献血への参加が、病気やけがの治療を支え、患者様を救います。

詳細

icon

献血の種類

医療の現場では、輸血効果を高め、副作用を軽減することのできる400mL献血・成分献血由来の血液の需要が多いため血液センターでは400mL献血と成分献血をお願いしています。

詳細

icon

献血の基準

健康な方ならば、献血による身体への影響はほとんどありません。しかし、体調をくずしていたり、健康状態の良くない時に献血をすると健康を損ねる場合もあります。

詳細

icon

献血の手順

献血受付→問診票の記入→問診および血圧測定→血液比重測定、血液型事前判定→献血(成分献血・400mL・200mL)→休憩→献血カード受取りの手順で献血します。

詳細

icon

献血後のお願い

献血したあとには、水分補給、止血帯、運動、運転、喫煙、飲酒、入浴などにご注意ください。何かご心配なときは、直ちに血液センターまでご連絡ください。

詳細

icon

検査成績のお知らせ

血液センターでは、献血にご協力いただいた方々への感謝の気持ちとして、7項目の生化学検査成績を献血者全員を対象にお知らせしています。

詳細

スペシャル