MENU

献血の種類・基準

献血の種類

患者さんへの輸血の安全性を高めるために、献血には種類があります。

献血の種類

全血献血

― 200mL献血【医療機関からの要請状況により、お断りする場合がございます。】
― 400mL献血【特に必要!!】

所要時間:30~40分
できる場所:献血ルーム、献血バス

成分献血

― 血漿成分献血
― 血小板成分献血【特に必要!!】

所要時間:40~90分
できる場所:献血ルーム

現在、400mL献血と血小板成分献血が特に必要とされています。

400mL献血・血小板成分献血の必要性

採血基準

献血いただく方の健康を守るために、さまざまな基準を設けています。
問診などで献血をご遠慮いただく場合がございますので、どうぞご理解をお願いします。

採血の種類 全血採血 成分採血
200mL 400mL 血漿 血小板
1回採血量 200mL 400mL 600mL以下
(循環血液量の12%以内)
年齢 16~69歳 男性:17~69歳
女性:18~69歳
18~69歳 男性:18~69歳
女性:18~54歳
ただし、65~69歳の者については、60歳に達した日から65歳に達した日の前日までの間に採血が行われた者に限る。
体重 男性:45kg以上
女性:40kg以上
男女:50kg以上 男性:45kg以上
女性:40kg以上
最高血圧 90mmHg以上 180mmHg未満
最低血圧 50mmHg以上 110mmHg未満
脈拍 40回/分以上 100回/分以下
体温 37.5℃未満
血色素量 男性:12.5g/dL以上
女性:12.0g/dL以上
男性:13.0g/dL以上
女性:12.5g/dL以上
12.0g/dL以上
(赤血球指数が標準域*にある女性は11.5g/dL以上)
*標準域
MCV:81~100(fL)
MCH:26~35(pg)
MCHC:31~36(%)
12.0g/dL以上
血小板数 15万/μL以上
60万/μL以下
採血間隔 (前回採血)  
200mL全血 男女とも4週間後の同じ曜日から
400mL全血 男性は12週間後、
女性は16週間後の同じ曜日から
男女とも8週間後の同じ曜日から
血漿成分 男女とも2週間後の同じ曜日から
なお、血小板成分採血では、血漿を含まない場合1週間後に血小板成分採血が可能。
ただし、4週間に4回実施した場合には次回までに4週間あける。
血小板成分
年間総採血量
(1年は52週として換算)
200mL・400mL全血を合わせて
男性:1,200mL以内
女性:800mL以内
年間採血回数
(1年は52週として換算)
男性:6回以内
女性:4回以内
男性:3回以内
女性:2回以内
血小板成分献血1回を2回分に換算して血漿成分献血と合計で24回以内
共通事項 次の者からは採血しない。
  1. 妊娠していると認められる者、又は過去6ヵ月以内に妊娠していたと認められる者
  2. 採血により悪化するおそれのある循環系疾患、血液疾患その他の疾患に罹っていると認められる者
  3. 有熱者その他健康状態が不良であると認められる者

※ 期間の計算は直近の採血を行った日から起算します。

採血基準は、献血にご協力いただける方の健康を保護するために、国が定めたもので、採血の実施は、問診結果等を踏まえて総合的に判断します。

献血の間隔表

  今回の献血
200mL献血 400mL献血 血漿成分献血 血小板成分献血※4




200mL献血 男女とも4週間後の同じ曜日から献血できます。 男性は12週間後・女性は16週間後の同じ曜日から献血できます。 男女とも2週間後の同じ曜日から献血できます。
400mL献血
血漿成分献血 男女とも8週間後の同じ曜日から献血できます。
血小板成分献血

※4 血漿を含まない場合には、1週間後に血小板成分献血が可能になります。
ただし、4週間に4回実施した場合には次回までに4週間以上あけてください。