MENU

アイコン

400mL献血の重要性

アイコン

400mL献血からの血液製剤は、患者さんの副作用発生の可能性を低くします

近年、医療機関における400mL献血からの血液製剤の需要が増加しています。
人間一人ひとりの血液は、血液型が同じでも微妙に異なっているため、多数の献血者から輸血するほど、副作用(発熱、発疹等)発生の可能性が高くなります。
たとえば、800mLの輸血を行う場合、200mL献血からの血液では4人分必要ですが、400mL献血では、2人分で済むため、輸血による副作用の発生確率が2分の1となります。

 

けんけつちゃん

 

400mL献血は、少数の献血者からの輸血を可能にし、安全性を向上させる献血方法です。

※日本赤十字社としては、献血をお申し込みいただいた方のご意思を優先し、献血によって体調を崩すことのないよう、健康状態について慎重に確認した上で、400mL献血のご協力をお願いしています。

献血いただく方へ