MENU

トップニュース

E型肝炎ウイルスに対する安全対策へのご協力のお願いについて

平成30年1月31日に開催された平成29年度第5回薬事・食品衛生審議会薬事分科会血液事業部会運営委員会において、輸血により、患者さんがE型肝炎ウイルス(以下HEV)に感染した事例が報告されました。

 日本赤十字社では、輸血用血液製剤の安全性を確保するための当面の措置として、献血会場において、HEVの感染源と受血者への感染リスクを周知するとともに、HEVに感染するリスクのあるブタ、イノシシ、シカの肉や内臓を生又は生焼けで食した方については、採取した時点から6カ月間は献血をご遠慮いただくこととしましたので、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

 詳細は、日本赤十字社本社ホームページ(こちら)をご確認ください。

icon

過去のお知らせ

最新のお知らせ

icon

カテゴリ一覧