MENU

icon

施設概要

日本赤十字社では、「安全な血液製剤」を医療機関などへ「安定的に供給」することを、さらに充実させるため、広域的な事業運営体制を平成24年4月から開始しました。各都道府県の血液センター単位の運営から、より広域的なブロックを単位とする運営体制(広域事業運営体制)に変更いたしました。

中四国ブロック血液センターは、患者さんに血液を安定的に供給できるよう、中国四国地方の輸血用血液製剤の血液型別・種類別の在庫を24時間体制で管理し、中国四国地方の各血液センターが需要と供給に見合った献血者を受け入れることができるよう、採血体制の調整を行い、常に安定供給の維持を図っています。

中国四国地方で献血していただいた血液は、中四国ブロック血液センターに集められ、調製を行っています。

中四国センター建物

また当社屋は、中四国ブロック血液センターと広島県赤十字血液センターとの合同社屋であり、1階には血液事業や赤十字に関する活動等を体験しながら学べる情報発信スペース「赤十字プラザ」を設置しており、西側に設置した元安川沿いの「リバーサイドテラス」から社屋の2階へアクセスできます。

広島市内の都市部に設立された血液センターとし、「赤十字プラザ」や「リバーサイドテラス」を通じ、地域との交流を深める機能を有しています。

施設案内