MENU

アイコン

血液のその後

献血頂いた血液はその目的に合せて使用できる血液製剤となります。

輸血に使う血液の種類

 

  • 免疫グロブリン製剤
    感染症や自己免疫疾患の治療やB型肝炎発症予防のために使用されます。

  • アルブミン製剤
    重症な火傷や大量の出血によるショック症状の治療などに使用します。

  • 血液凝固因子製剤
    血友病患者さんの治療に使用します。 血友病とは簡単に言うと、血液を固める作用が不足しているため、出血すると止まりにくい病気です。 その患者さんの出血傾向を抑制するために使用されます。

 

輸血した血液の使われ方

PAGE UP

血液のゆくえ