MENU

お知らせ

献血にご協力くださる企業・団体様を募集しています

 

 

 Q. 企業・団体様に献血のお願いをしているのは、なぜ?

 

 輸血用血液を医療機関に安定的にお届けするためは、季節や天候によらず毎日一定数の献血ご協力を必要としています。

 

 主に土・日・祝日に開催する街頭や商業施設における献血会場は、季節や天候によってご協力数が左右される現状があります。また、千葉県では、東京方面へ通勤・通学される方が多いことから、献血ルームにおける平日の献血ご協力が得られにくい状況があります。

 

 輸血用血液には有効期間があることから、一定数の献血ご協力が予定できる企業・学校などの団体様のご協力は、医療機関におけるより安定的な輸血治療の提供に必要とされています。

 

ご協力方法
献血バス

ご協力方法
献血ルーム

献血実施までの流れ

もっとクロス
メッセージ

お問い合わせ

 

ご協力方法

 

献血バスでご協力

 kenketsu_bus.jpg

企業(職場)や学校、集会所など、ご協力いただける団体様の会場に献血バスを配車します。

なお、献血バス駐車場所が確保できない場合は、会議室などを利用したオープン方式による

献血開催方法もありますのでご相談ください。

 

◆献血バスでのご協力概要

献血種類

 

 全血献血(400mL献血、200mL献血)

 

ご協力人数の目安

 

 バス1台で1日あたり50人~60人のご協力を目安としております。

 また、予定人数が30人程度の場合には半日の配車を目安としております。

 

 その他ご協力規模やご協力可能時間に応じて配車時間・配車台数を

 調整しております。

 

  献血バス採血ベッド数は4ベッドと5ベッドの2種類があります。

   4ベッドの献血バス採血数は、1時間当たり約12人

   5ベッドの献血バス採血数は、1時間当たり約15人

   です。

 

献血所要時間

 

 受付~ご休憩まで含めて、お一人様の所要時間は約40分です。

(採血時間は10分程度です。)

  特定の時間帯にご協力が集中すると、待ち時間が発生し、

   お一人あたりの所要時間が長くなることがあります。

 

借用スペース等

 

(1)献血バス等の駐車スペース

   長さ 9~11m × 幅 3m × 高さ 3.5 m 

    医師による問診スペースの確保が難しい場合には、

     献血バスと一緒に検診車を配車いたします。

    【検診車の駐車スペース】

     長さ 7~8m × 幅 2.5m × 高さ 3 m です。

 

(2)受付・検診・ご休憩スペース

   献血受付や医師による問診・献血後のご休憩スペースとして

   会議室・食堂などを借用させていただきます。

    献血バス駐車位置付近のスペースを借用いただくことで、

     受付~献血後のご休憩がよりスムーズとなります。

 

(3)電源・机・椅子など

   献血受付などで利用するパソコンの電源

  (家庭用コンセント100V・15A)

   を2カ所ほどを借用させていただきます。

    机や椅子のご準備が難しい場合には、血液センタースタッフが

     持参いたします。

 

(4)その他

   献血受付スペース入場にセキュリティカードが必要となる場合、

   来客用カードを借用させていただきます。

   献血実施のご案内のため、館内放送等の利用が可能であれば、

   放送の依頼・借用をさせていただきます。

 

事前のお打ち合わせ

PR資材のご提供

 

・ご希望の日時・駐車場所・受付場所などを確認させていただきます。

 

 よりスムーズなご協力のため、献血ご協力者名簿をご案内しております。

 

・ポスター・チラシなどPR資材(紙媒体・電子データ)をご用意いたします。

 ポスター・チラシは企業・団体様・周辺事業所様・お取引業者様での

 掲示・配布にご活用ください。

 また、電子データにつきましては、企業・団体様のグループウェア内やSNS

 電子掲示板などでご活用ください。

 

その他  

 

献血開催のほか

・骨髄バンクドナー登録会の並行開催

・スライド・DVD等を用いた事前説明会

・社内研修等における献血セミナー開催

・社内報等への献血普及啓発資材等のご提供 

 も承っております。

 

献血推進キャラクター「けんけつちゃん」の派遣

 もご相談ください。

 

 

 

献血ルームでご協力

 

献血ルーム

 

 職員数や事業所の規模、業務形態(営業業務、現場業務)などにより、献血バス配車によるご協力が難しい企業・学校・団体様に千葉県内6箇所の献血ルームに足をお運びいただく形での献血ご協力をお願いしております。

また、献血バスにおける全血献血ご協力と併せて、献血ルーム(運転免許センター献血ルーム(千葉市)を除く)における成分献血のご協力も大歓迎です。

 

◆献血ルームでのご協力概要

献血会場

 

モノレールちば駅献血ルーム

献血ルームフェイス(船橋市)

柏献血ルーム

運転免許センター献血ルーム(千葉市)(全血献血のみ)

津田沼献血ルーム

松戸献血ルーム

 

献血種類

 

 全血献血(400mL献血、200mL献血)

 成分献血(血小板成分献血、血漿成分献血)

 ※ 運転免許センター献血ルーム(千葉市)は全血献血のみとなります。

 

ご協力可能日時

 

 千葉県内献血ルーム開所日時でご協力をお受けしております。

 

 【献血ルーム受付日時 (運転免許センター献血ルームを除く)

 (全血献血)10:00~13:00/14:00~17:30

 (成分献血)10:00~12:00/14:00~17:00

 (定 休 日)年末年始 (

   入居施設閉館日は定休日となります。

 

 【運転免許センター献血ルーム(千葉市)受付日時】

 (全血献血)09:00~13:00/14:00~16:30()

   日曜日の受付終了時間は ~16:10 です。

 (定 休 日)毎週土曜日、祝日、12月29日~1月3日

 

献血所要時間

 

 全血献血は、受付~ご休憩まで含めて、お一人様の所要時間は40分程度です。

 成分献血は、受付~ご休憩まで含めて、お一人様の所要時間は50分~90分程度です。

 

事前のお打ち合わせ

PR資材のご提供

 

・ご希望のご協力期間・ご協力献血ルームなどを確認させていただきます。

・献血ご協力カード・ポスター・チラシなどPR資材(紙媒体・電子データ)

 献血ルームご案内資料をご用意いたします。

 ※ よりスムーズなご協力のため、献血ご協力者名簿をご案内しております。

 

 ポスター・チラシなど企業・学校・団体様での掲示・配布にご活用ください。

 電子データにつきましては、企業・団体様のグループウェア内やSNS

 電子掲示板などでご活用ください。

 

その他  

 

献血開催のほか

・骨髄バンクドナー登録会の並行開催

・スライド・DVD等を用いた事前説明会

・社内研修等における献血セミナー開催

・社内報等への献血普及啓発資材等のご提供 

 も承っております。

 

 

献血実施までの流れ

 

お問い合わせ

 

 血液センターまでお気軽にお問い合わせください。担当者が概要について

 ご案内いたします。

 

ご  説  明

 

 担当者がお伺いし、献血の手順や献血に関するお願い事項、所要時間などを

 ご説明いたします。

 献血開催にあたってご不明な点やご要望をお知らせください。

 

日 程 調 整

 

 献血開催のご了解をいただきますと、開催日時や献血会場などについて

 お打ち合わせをいたします。

 

事前PRサポート

 

 献血開催をご周知いただくためのポスターやチラシなどの広報資材を

 お持ちします。また、献血PR用映像もご案内しております。

 

献血実施

 

 【献血バス】 

  献血バスが企業・団体・学校様にお伺いし

  献血を実施します。   

  当日の献血の流れはこちらをご覧下さい。   

 

 【献血ルーム】

  ご協力カードをお持ちいただき、千葉県内

  献血ルームでご協力いただきます。

 

 

 

 

ウィークリー千葉県~献血特集のご紹介~(2018年7月7日放送分)

 

 

千葉県ホームページの千葉県インターネット放送局「ウィークリー千葉県」では、ちばの旬な話題が提供されています。当番組内で、献血を特集いただきましたのでぜひご覧下さい。

 

 特集の内容は、献血ルームにおける献血ご協力事例となります。

 

         

 

もっとクロスメッセージ

 

日本赤十字社ホームページでは、全国のご協力団体の皆さまからお寄せいただいたメッセージを掲載しております。

 

「もっとクロスメッセージ」はこちらからご覧下さい。

 

医療関係者の皆さまからお寄せいただいたメッセージご紹介

 

輸血の実際について

石川県赤十字血液センター広報誌「さちしお vol.135」の特集

大阪府赤十字血液センター血液センターニュース「サーキュラー vol.294」のトピックス

日本赤十字社東京都支部 広報誌NT(日赤とうきょう)」Winter vol.20(2019年1月号)今月の特集「献血のゆくえ」

をご紹介します。

 

造血幹細胞移植の治療における献血の必要性について、千葉大学医学部附属病院広報誌「いのはなハーモニー(54号_2018年9月)」の特集をご紹介します。

 

患者さんやそのご家族の皆さまからお寄せいただいたメッセージ

 

皆さまからご協力頂いた血液は、病気や怪我の治療のための輸血用血液製剤として、患者さんのもとへお届けしております。

 

輸血を受けた患者さんやそのご家族の皆さまから献血者の皆さまに届いた感謝のメッセージ「ありがとうの声」はこちらからご覧下さい。

 

DVDお貸し出しのご案内

 

血液センターでは、「献血」や「輸血治療ご経験の方の体験談」に関する動画をDVDでお貸し出ししております。企業・団体様の献血開催のご案内と併せて、また、学校様の校内放送等でぜひご利用ください。

 

DVDのお貸し出しにつきましては、血液センター職員までお気軽にご連絡ください。

 

 

【DVDでご視聴いただける動画のご紹介】

What'sKENKETSU?

 献血について伝えたいことを、イラストやグラフなどを用いてわかりやすくご案内したインフォグラフィックムービーです。

 

ありがとうの手紙

 急性リンパ性白血病を発症し、輸血を経験された友寄蓮さんの体験談です。ご本人、ご家族、ご友人、担当医師の声から、「献血の必要性」をお伝えしています。

 

LOVE in Letters ~つなげあう いのちのバトン~ 

 「骨髄移植」を受けた姉・後藤千英さんと「骨髄提供」を行った弟・後藤哲平さんに「献血」と「骨髄バンクドナー」についてお聞きしました。

 

鉄拳 献血啓発パラパラ漫画「けんけつ」 

 鉄拳さんご本人の実体験をもとに制作された献血啓発パラパラ漫画です。

 いのちをつなぐ献血は、老若男女すべての人に必要不可欠なもの。

 だからこそ、年齢、性別を問わず、誰にでも献血の大切さを知ってほしい。

 

 このパラパラ漫画を通して、少しでも献血を身近に感じてもらえたら嬉しいです。

 

ありがとう!っていっぱい言わせて 等

 輸血治療を受けた男の子とご家族の皆さまが私達に残してくれたメッセージです。

 

お申し込み・お問い合わせ

 

お気軽に下記の血液センター窓口までご連絡ください。

 

千葉県赤十字血液センター 献血推進課

【電  話】047-457-9927

【受付時間】平日 9:00~17:00

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧