MENU

新着ニュース・プレスリリース・イベント

BANK!BANK! VOL.11 が 発行されました

BANKBANK11.png

BANK! BANK!とは、

ふたつのバンク「骨髄バンク & さい帯血バンク」の理解を深めるための広報誌です。

全国から集まったメンバーが制作に参加し、毎号異なるテーマをわかりやすく解説します。骨髄・さい帯血に含まれる 造血幹細胞(血液を造る細胞)を、より多くの患者さんに安全に届けることを目指して活動しています。

TOPICS 見て、知って「なるへそ」!さい帯血講座

「さい帯血」という言葉を初めて聞いたあなたへ、さい帯血バンクのアレコレお教えします!

赤ちゃんミニ.png

さい帯血って何?

さい帯血とは、ママと赤ちゃんを結ぶへその緒(=さい帯)と胎盤の中に流れる血液のことです。

さい帯血には、血液をつくる細胞(=造血幹細胞)がたくさん含まれています。

どのように使われるの?

公的さい帯血バンクって?

さい帯血プライベートバンクとの違いは?

  

TOPICS BANKでQUIZ

Q.公的さい帯血バンクに、さい帯血を提供できる施設は全国で何か所でしょう?

    A.92ヶ所  B.47ヶ所  C.141ヶ所

    ・・・正解は?

TOPICS トライ▲アングル▲トーク

実際に、さい帯血を提供した人、移植を受けた患者さん、出産の現場でさい帯血を採取する医師の目線でお話をうかがいました。様々な人の関わりで、赤ちゃんから患者さんへと命がつながっています。

治子さん.png

さい帯血バンクが始まって間もない1997年から、計3回の出産の度に、さい帯血を提供。

さい帯血提供者

市原 治子さん

知朗さん.png

脳腫瘍、悪性リンパ腫を克服した後、2017年に急性骨髄性白血病を発症。さい帯血移植を受けた。

さい帯血移植患者

高山 知朗さん

鈴木副院長.png

 

葛飾赤十字産院副院長

産科医として、命の誕生に立ち会いながら、公的さい帯血バンクの採取施設として、さい帯血の採取を行っている。

さい帯血採取医師

鈴木 俊治 副院長

TOPICS つながるメッセージ

京極さん.png

日本赤十字社関東甲信越ブロック血液センター

総務部 総務企画課
京極 徳幸 さん

Q.普段のお仕事
Q.印象に残ったエピソード
Q.読者へのメッセージ

ぜひ!ご覧になってみてください

サイトでは、ご意見・ご感想も受付けています。

1.「BANK!BANK!」感想投稿ページ

2.造血幹細胞事業公式Facebookページ

神奈川県内の献血ルームでもお渡しできます。

icon

過去のお知らせ

icon

最新のお知らせ

icon

カテゴリ一覧