MENU

献血協力団体・企業のご紹介

  • 居木神社 様

【神社de献血】居木神社(品川区)

新副都心の大崎駅から程近い閑静な住宅街に鎮座する居木神社は、風そよぐ心地よい空間であり都会の中の緑豊かな心のオアシスです。

献血当日は快晴。穏やかな気候の中での開催となりました。

ご近隣の皆様や神社関係者など多くの方のご来場があり、69名様の方々に献血のご協力をいただきました。

当日は居木神社限定御朱印、神社de献血記念御朱印、オリジナル栞を巫女さんからご来場頂いた皆様にプレゼントさせて頂きました。

準備から当日までご協力いただきました、居木神社様および国際災害対策支援機構様ありがとうございました。

今後も神社de献血をよろしくお願いいたします。

02cd9521-8dab-463a-882a-6a8978e7ce32.jpg
d9dad7c5-951e-4ae5-aa18-8048939bccbb.jpg

=========================

【神社de献血】会場では、献血ご参加の方に「オリジナル・スタンプ帳」をプレゼント中です。会場ごとにデザインの異なるスタンプをご用意しておりますので、献血とあわせて神社訪問の記録にもお使いいただけます。

  • 国際自動車株式会社 様

国際自動車株式会社様では毎年2月に健康保険組合が主催となった『献血協力月間』を設けていただき、大勢のご協力を頂いております。

今年度は緊急事態宣言が発令中であったものの、欠かすことができない献血の重要性をご理解いただき、感染対策を講じた上で都内では東雲営業所・台東営業所・羽田営業所の3会場で献血バスを配車させていただき、国際自動車職員の皆様の他、関係会社の皆様や地域住民の皆様へも呼びかけを行っていただき合計で107名様のご協力を頂きました。

____-min.jpeg


(東雲営業所)

____-min.jpeg

(台東営業所)

__________-min.jpg

(羽田営業所)

新型コロナウイルスの影響による献血協力者の深刻な減少が続く中、国際自動車株式会社様からのご協力は非常に助かりました。

ご協力ありがとうございました。

今後とも献血への変わらぬご協力をお願いいたします。

  • UR都市機構様・株式会社URコミュニティ様・日本総合住生活株式会社 様

3月27日(土)に品川八潮パークタウン潮路南第一ハイツ(東京都品川区)にて、UR都市機構様、㈱URコミュニティ(東京南住まいセンター)様、日本総合住生活株式会社様、日本赤十字社東京都支部と連携し、献血と救急法講習合同イベントを開催しました。

img_0428.jpg2021_3_27_____.jpg

品川八潮パークタウンでの献血会は3回目となり、近隣にお住まいの皆様からは「近所で開催すると参加しやすい」という事で地域に根付き始めています。

今回は品川八潮パークタウンの商業施設に出店するスワンベーカリーから焼き菓子やドリンクをご提供いただき、ご協力いただいた皆様にプレゼントさせていただきました。

新型コロナウイルスの影響で献血会の中止が相次ぐ昨年6月から始まった品川八潮パークタウンでの献血会。今後も地域密着型の献血会として、発展していければと思います。ありがとうございました。

img_0425.jpg
警視庁第9機動隊 様

2021年2月1日(月)、警視庁第九機動隊さまに、東京都赤十字血液センター所長の加藤恒生より、「感謝状」を贈呈しました。

9th1.png

第九機動隊さまは昨年、コロナ禍で献血会場のキャンセルが相次ぐ中、緊急の献血会を3回に渡り実施してくださり、延べ402名のご協力をいただきました。

9th2_1.jpg

そして本年も早速2月25日(木)、警視庁アメリカンフットボール部「警視庁イーグルス」の選手を中心に214名がご協力くださいました。今回も三密を避けるため、予め協力者を募り、準備した献血バス4台に、15分刻みに隊員を指定するなど、工夫いただきました。

9th3.jpg

これで2020年度の協力者数が延べ616名になり、コロナ禍において血液の確保が厳しい中、隊員皆様による総出のご協力に改めて感謝申し上げます。東京オリンピックを控え、第九機動隊さまの益々のご活躍を祈念しております。

旭化成株式会社 様

2021318日・19日、今年も旭化成㈱様本社での社内献血を実施させていただきました。

旭化成様と献血には深いつながりがあり、献血後にお送りする血液検査サービスではグリコアルブミンを測定する試薬「ルシカ」で旭化成ファーマ様にお世話になっております。

また、今回献血会場で血液バッグの一部である白血球除去フィルター「セパセル」について旭化成メディカル様に詳しくご説明いただき、看護師たちも興味津々でした。

緊急事態宣言の延長で一度延期となり、実施当日も宣言解除直前という難しいタイミングとなりましたが、『献血協力が減少する今の時期だからこそ実施をすべき』とのご決断をいただき、無事に当日を迎えることができました。

献血会場では皆様に感染症対策へのご協力をいただき、2日間で合計121名様にご参加いただきました。

在宅勤務を併用する方も多くいらっしゃるとのことですが、「献血の日程に合わせて出勤日を調整しました」という心強い声もありました。

お忙しい中献血にご参加くださった皆様、本当にありがとうございました。

今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

________hp_____.jpeg