MENU

icon

ヘモグロビン量不足改善レシピ

協力:名古屋学芸大学 管理栄養学部

南 亜紀 先生とゼミ生の皆さん


ヘモグロビン量不足改善レシピ

icon

名古屋学芸大学 管理栄養学部 ご紹介

名古屋学芸大学 管理栄養学部の学生さんは、「食」と「健康」のスペシャリストとして、国家資格である管理栄養士を目指しています。

icon

給食経営管理研究室(南ゼミ) ご紹介

本企画にご協力いただいた南先生は、管理栄養士のほかに中学・高校の家庭・保健の教員免許をお持ちで、食品栄養科学博士号を取得後、名古屋学芸大学で給食経営管理研究室(南ゼミ)の研究指導をされています。

南ゼミの皆さんは、名城大学女子駅伝部(平成29-30年全日本大学女子駅伝・2年連続優勝)選手への食事指導、調理担当者の負担軽減のためのサイクルメニューの作成といった研究活動から得た成果を基に、このレシピを考案してくれました!

icon

南先生 コメント

<貧血の予防・改善のポイント>

~毎日の食事でやってみよう!~


貧血は、“毎日の食事”で予防や改善ができます。毎日の食事にはどんな食品が含まれていますか?

貧血だからと『鉄が多く含まれる食品』を摂ることも大切ですが、「鉄」だけでは体内での吸収がとても少なく、貧血の予防や改善が残念ながら望めません。

「鉄」+「たんぱく質」+「ビタミンC」+「ビタミンB群&葉酸」の組み合わせで食べることで、それぞれの栄養素が鉄の吸収を助けて、体内での鉄の吸収をアップさせます。
「肉」「魚」「大豆」「卵」と一緒に「野菜」「いも類」「果物」なども食べていますか?

まずは、“1日1食”はこの組み合わせで食べることを意識して、少しずつ習慣にしていきましょう。

ヘモグロビン量不足改善レシピ2






icon

ヘモグロビン量不足改善レシピ(20品目)はこちらです!

スペシャル