MENU

icon

施設概要

icon

施設概要

日本赤十字社では、「安全な血液製剤」を医療機関などへ「安定的に供給」する体制を確立するために、これまでの都道府県単位の事業運営体制を見直し、平成24年4月からブロックを単位とする広域的な事業運営体制へと大きく変わりました。

関東甲信越ブロック血液センターは、関東甲信越地方の1都9県(茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野県)において献血していただいた血液の検査・製造業務を行っており、年間約180万人分の献血血液を取り扱っています。

当センターは、東京都江東区の日本赤十字社辰巳ビル内に設置されているほか、分置施設として神奈川製造所(神奈川県厚木市)、埼玉製造所(埼玉県東松山市)がそれぞれ設置されています。

icon

事業概要

施設案内