MENU

アイコン

RedFaction

アイコン

RedFaction in 関東甲信越 報告会・製造所見学会を開催しました。

平成28年1月2日(土)~24日(日)に実施されたIngressプレーヤーの方々による献血運動「RedFaction in 関東甲信越」の報告会が4月16日(土)に開催されました。

【献血ルームfeelでの報告会】

午前中はソラマチにある献血ルームfeelで報告会が開催されました。ここではプレーヤー間で「RedFaction」の意義を再確認するとともに、1月の実績報告、また他のエリアでの取り組みをプレーヤー間で共有されました。

【献血ルームfeelでの報告会】

【血液センター見学会】

【血液センター見学会】

午後は辰巳にある血液センターでの見学会です。検査部門と、製剤部門を見学頂きました。検査部門では、献血で頂いた血液が輸血を受ける方に安全かを調べる検査工程・試薬を使った血液型判定をご覧頂きました。お子さんと大人の方も身を乗り出して見ていらっしゃいますね。

【Ingressとは】

「Niantic」が提供するiPhone/Android対応の世界中に多くのプレーヤーをもつ位置情報・AR・陣取りアプリゲームです。「Enlightened(覚醒派)」と「Resistance(解放軍)」2つの陣営(Faction)に別れ、それぞれ協力して現実世界のポータルと呼ばれる地点を取り合い繋いでいくことで陣取り合戦を繰り広げます。SNSコミュニティを通じたゲーム外の活動も活発で、様々な社会貢献活動を行っています。

【Ingressとは】

【RedFactionとは】

「Ingress」のプレーヤー自らが呼び掛け合い、集団献血を行うことで、関東甲信越エリアでは平成27年6月14日の世界献血者デーにあわせて行われたのが始まりです。

【RedFactionとは】

【血液センターから】

今回の報告会は、例年献血者確保に苦慮する時期である1月2日から24日にかけて実施いただいたことについて、血液センターからのお礼と、プレーヤー間での情報共有を行うことを目的として開催されました。
今回の「RedFaction in 関東甲信越」では、なんと期間中で387名の方が献血をしてくださり、残念ながら献血出来なかった方や、寄付を頂いた方を合わせると679名様のご協力をいただきました!
RedFactionの皆様が献血者確保に向けて様々な情報を発信されたり、献血した様子をSNSで共有されたりするなど、熱心に呼び掛けをして下さったお陰です。現在「RedFaction」のような素晴らしい取り組みが広島県、近畿地方においても開催されており、今後も全国へ広がっていくことを関東甲信越ブロック血液センターとして期待しております。ありがとうございました!

アイコン

過去のお知らせ

アイコン

最新のお知らせ

アイコン

カテゴリ一覧