MENU

ありがとうの声

「出産時に出血が止まらず緊急輸血、遠のく意識の中で、、、」ゆりえさん

私は、出産をした際に出血が止まらず、4,000mL以上出血し、緊急搬送され輸血を受けました。

ㅤㅤㅤㅤ

出血が続いたことで意識が遠のき、身体が全く動かせなくなっていきました。遠のく意識の中、夫や産んだばかりの子どもとは「もう会えないのだ」と覚悟しました。ㅤㅤㅤ

ですが、輸血を受けるとだんだん意識がはっきりしてきて、指先が少しずつ動くようになり、感覚が戻ってきたのを感じました。私は「助かった」、「生きているのだ」と実感することができました。

ㅤㅤㅤㅤ

輸血は私の命を繋いでくれた命そのものです。

ㅤㅤㅤㅤ

その後、医師から出血性ショック及びDIC(播種性血管内凝固症候群)という大変危険な状態だったと聞き、輸血がなければ、私は助からなかったのだと実感しました。ㅤㅤㅤㅤ

搬送前と搬送後に、新鮮凍結血漿、赤血球、血小板、合わせて約20人分、緊急輸血を受けました。

どれか1つでもなければ、私は助からなかったでしょう。

ㅤㅤㅤㅤ

現在、夫と子どもと3人で暮らせていることに幸せを感じています。献血にご協力いただいた皆さまには感謝してもしきれません。命を助けてくださり、ありがとうございました。

(ペンネーム:ゆりえさん)

ㅤㅤㅤ

a.jpg

2.jpg

ㅤㅤㅤㅤ

yoyaku.jpg midashi.jpg
room.png

bus.png

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧