MENU

icon

施設概要

日本赤十字社では、「安全な血液製剤」の「安定的な供給」をさらに充実させるため、平成24年4月から広域的な事業運営体制をスタートさせました。具体的には、従来の各都道府県の血液センター単位の運営から、全国7つのブロック(北海道、東北、関東甲信越、東海北陸、近畿、中四国、九州)を単位とした広域的な運営体制(広域事業運営体制)へと変更いたしました。

上記変更に伴い北海道ブロックでは従来からある北海道赤十字血液センター(以下、北海道センター)に加え、新たに日本赤十字社北海道ブロック血液センター(以下、北海道ブロックセンター)が新設されました。北海道センターが献血業務と血液製剤の医療機関への供給業務を担当し、北海道ブロックセンターが血液の検査・製造業務と事務・経理業務および全国的な血液の需給管理業務と学術情報業務を担当しております。

道内で献血頂いた年間約29万人分の血液は全て一度北海道ブロックセンターへ運ばれ検査・調製後、道内の各供給施設に保管され、輸血を必要とする患者さんのもとへ届けられます。

なお、平成25年7月1日からは札幌市西区二十四軒に完成した北海道ブロックセンター・北海道センター合同社屋へ移転し業務を行っております。


社屋外観写真

合同社屋外観写真


北海道の出張所

施設案内