MENU

重要なお知らせ

全血献血における採血前検査方法の変更「指先穿刺」開始のお知らせ

令和2年323日から全血献血の採血前検査が、指先から少量の血液を採取する方法に変更になります。 

 

大阪府赤十字血液センターでは、令和2323日(月)より400L200L献血の採血前検査の方法が指先から少量の血液を採取し、検査する方法に変更になります。

採血副作用の低減化を目的とした採血方法になります。

 

成分献血は、血液成分のデータが必要になることから従来どおりの採血を行います。

ご理解とご協力をお願いします。

 

★指先には大きな神経が無く、針が大きな神経に触れることがなくなると考えられています。

★指先でも針を刺しますので痛みがなくなることはありませんが、刺した痛みは2030分程度で消失します。皮下出血になった場合には痛みが続くことがありますが3分程度圧迫止血することで防止することができます。

★香港、シンガポール、韓国、台湾、オーストラリア、タイ、ニュージーランド、フィンランド、スペイン、スイス、オランダ、イスラエル、アメリカ、カナダ、イギリス等多くの国で実施されています。

★微量採血のための器具は、一人一回の使い切りタイプです。

 

yubisakisenshi_2020220.jpg

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧