MENU

ありがとうの声

岡山大学 アメリカンフットボール部"BADGERS" の献血協力

 冬場から春先にかけ、風邪などで体調を崩される方が増え、また、年度末にさしかかり学校や企業など忙しくなるなど、献血者が減少しがちになる時季であることを踏まえ、岡山大学アメリカンフットボール部"Badgers"が、昨年に引き続き(H30年:31名参加、R元年:35名参加)献血ルーム"うらら"9人の部員が献血協力しました。今年は、前年を上回る50人の献血を目標にしています。

 献血実施は、学年毎に献血実施日を変え参加し、初日の228日には、地元の新聞社とラジオカーの生放送の2社の取材がありました。

 その際、アメリカンフットボール部BADGERSは、普段の練習だけでなく、地域貢献として献血のボランティアや清掃活動、近隣小学校との交流等も行っており、地域とのつながりを大切にしていることを、マスコミを通し広く県民の皆様にアピールしました。

 岡山県では過去10年間で若年層の献血者が約35%減ってます。この活動が他の大学生などにいい影響を与えられると良いと思います。

img_7093.jpgimg_7052.jpgimg_7044.jpg

過去のお知らせ

最新のお知らせ

カテゴリ一覧